解析結果

チェック項目 あなたのサイト
SEOホームページ内部要因チェック
  画像
URL http://www.marycoco.jp/SHOP/413719/list.html
タイトル
description
keywords
更新日
サイズ
H1タグ
H2タグ
H3タグ
strongタグ
キーワード頻出度
< < 該当なし、もしくは取得不可 > >
発リンク数(内部)
発リンク数(外部)
チェック項目 あなたのサイト
SEOホームページ外部要因チェック
  Googleページランク
Alexaランク
Googleインデックス数
Google被リンク数
Yahooカテゴリ登録
Alexaアクセス傾向
SEOソーシャルメディア要因チェック
  はてなブックマーク
livedoorクリップ
@niftyクリップ
FC2ブックマーク
Buzzurl
Twitter言及数
Facebook共有数
SEOサーバ要因チェック
  IPアドレス
サーバホスト
表示スピード
SEOドメイン要因チェック
  ドメイン名
ドメイン登録日

各種サイトから抽出された情報で算出されたものであり、内容に保証はいたしません。詳細は各サイトでお調べ下さい。
また各サイトへのアクセス負担を考慮し、情報更新は1週間程度で行っております。


SEOチェックポイントと対策

チェックポイント 検索エンジンはココを見る 対策 必須度
ホームページ内部要因
  タイトル、メタタグ、Hタグ、strongタグが適切な長さか? キーワードの詰めすぎ、タイトルや説明が極端に長いと、評価が下がるがある。 1ページ1キーワードとして、各タグは30-40文字程度で程よい長さにする。
キーワードの頻出度が適切か キーワードを多用すると、検索エンジンの評価が下がります。全体の4~6%の頻出度が適切と思われます。 キーワードの数を調整する
ファイルサイズが大きいか? ファイルサイズが大きいと、検索エンジンが巡回できないことがあり、検索結果に掲載されないことがあります。 ファイルサイズを軽めにする。
ホームページを頻繁に更新していないか? 更新をしないと、古い情報として扱われ、評価が下がることがあります。またテキスト情報を見るので、日付更新だけでは意味がありません。 WordPressなどのCMS等でホームページ更新を定期的に行う。
SEOホームページ外部要因
  発リンクが多すぎないか? Google等では発リンクを100件まで留めるようにアドバイスされています。 発リンクを100件までに留める。
外部への発リンクが多すぎないか? 外部への発リンクはページランクなどの評価ポイントを外部サイトへ譲ることなり、自サイトの持ちポイントが減ります。 外部への発リンクを少なめにしたり、必要に応じて「rel="nofollow"」リンクを付加する。
インデックスが作成ページ数と比べて少ないか? 検索エンジンにホームページを登録しないと、巡回も掲載も遅くなります。 全ページ分のsitemaps.xmlの作成、Google Sitemapsへ登録。
被リンクが少ないか? SEOでは重要なポイント。有名なサイトからの被リンクを集めれば集まるほど、自サイトが重要なものとして扱われます。 検索ディレクトリ登録を行う
ソーシャルメディア要因
  ブックマーク数が少ないか? ブックマークサービスも自サイトの人気度を指すもので、人気度が高ければ自然と被リンクが集まってきます。 話題になるネタを書く
Twitterの発言数が少ないか? Twitterの発言数も自サイトの人気度を指すもので、人気度が高ければ自然と被リンクが集まってきます。 Twitterアカウント発行・運用
Facebookの共有数が少ないか? Facebookの共有数も自サイトの人気度を指すもので、人気度が高ければ自然と被リンクが集まってきます。 Facebookアカウント発行・ファンページ作成
サーバ要因
  IPアドレスやホストサーバは信頼性が高いか? 検索エンジンはIPアドレスの信頼性を見ます。同じIPやホストでSEOスパムやハッキングを行っているサイトがあれば、IPやホスト丸ごと削除され、自サイトに多大な影響を与えることになります。 BING検索で確認する。サーバ乗り換えを検討する。
表示スピードが遅いか? 表示スピードが遅いことは、ユーザーにストレスを与えることとなる。表示スピードも検索順位にも影響が与える要因になりました。 スピードあるサーバへ乗り換える。
ドメイン要因
  ドメインが新しいか? ドメインが新しいと、検索エンジン登録に時間がかかることがあります。また被リンクが少ないうちに重要度低く、上位表示しにくい。 ドメインの恩恵を受けるには3年もかかるが、その間までには、ディレクトリ登録やSEO/SEM対策を行う。

SEO対策ツール

項目 内容 必須度 リンク
検索ディレクトリ登録
  Yahooカテゴリ登録 ヤフーのディレクトリサービス。被リンク確保として必要なサービス。 詳細
  クロスレコメンド登録 goo、exciteなど10サイト以上のポータルに登録できるサービス。被リンク集めに効率的。 詳細
  Jエントリー ライブドア、TBS、新聞社など数十サイト以上のポータルに登録できるサービス。効率的な被リンク集めが可能。 詳細
  iディレクトリ Yahoo!ビジネスエクスプレス、クロスレコメンド、Jエントリー に続く、第4の審査型ディレクトリ登録サービスです。 詳細
アクセス解析
  Web Analyst ホームページの現状や売上アップに繋がる分析レポートが無料で利用できる。 詳細
SEO対策
  SEO対策.jp 全国のSEO業者を簡単に探せるSEO業者検索サイト。1位のサイトはどんなものでしょうか? 詳細
  リンクロボ 被リンク自動登録ソフト。手軽だが自分でメンテナンスやSEOを勉強する必要があります。 詳細
  e-まちタウン 316個ものIPアドレスで運営されているタウンサイト。異なるIPアドレスの被リンク集めに効率的。 詳細
SEM対策
  Yahoo! JAPAN リスティング広告 Yahoo! JAPANでSEOで上位表示ができない間に、検索キーワード連動型広告でカバーするとよい。 詳細
  Googleアドワーズ広告 GoogleでSEOで上位表示ができない間に、検索キーワード連動型広告でカバーするとよい。 詳細

相互リンク募集中 - ご意見・要望